ダッキーとは 川下り準備 基本操作 鷲敷木頭 大歩危 四万十 スクール ダッキーズ カヤック 補修 那賀川

リバーカヤック
 
  リバーカヤックは川、シーカヤックは海で乗るフネなので形状や構造が違う別モノです。
シーカヤックは海で見かけやすいのですが、リバーは目にする機会が少ないのでわかりづらくあまり知られていません。けれど2016年リオ五輪でカヤックの羽根田選手がアジア人初のメダルを獲得したことで多少は知られるようになりました。けれど日本の河川の殆どは漁業関係団体が漁業権での管理していることもあって、素人の川下りは漁師や釣り人とのトラブルが起こしやすく普及しにくい環境にあります。それでも川下りは面白いので漁師とトラブルにならないコツを学習しながらスクール事業を続けてきました。

一人乗りダッキーで川下りの技術を覚えていくと、スポーツ性の高いリバーカヤックがやりたくなってきます。実際昔のダッキーズのメンバーは3年くらいやるとマイカヤックを乗るようになりました。最初に立ちはだかるロールの壁を越えたらあとはすんなりハマっていきます。

カヤック競技の種目には静水(フラットウオーター)ゲレンデと急流(ホワイトウオーター)ゲレンデがあり、急流の中でもフリースタイル、スラローム、カナディアン、ワイルドウオーターなど特殊な種目に分かれています。専門の世界なのでとりあえずはダウンリバーで知り合いを増やしていけば自分にあった場所に出会えるかもしれません。
    ツーリング   川の中流域から下流域に移動する川旅を楽しむ。途中でキャンプも出来るよう荷物を積むスペースがある。長距離を漕ぐので直進性のある長い艇。
 ダウンリバー  ホワイトウオーター(急流)のある中流域を楽しみながら一定区間を下るスポーツ的なリバーツーリング。フネの長さは3m前後で短く浮力、直進、回転性などトータルバランスに優れている艇です。
   スラローム   カヌー競技の一種でコース間に設置したダウンとアップのゲートを通過しながらポイントとタイムを競う種目。シャープで薄いフォルムで軽くて細長い形の艇。
   ワイルドウオーター スラロームと同様のカヌー競技の一種でホワイトウオーターの区間を更に特殊な形の艇でスピードを競う。直進性を重視して極端に幅が狭いので乗る事すら困難な艇。
   フリースタイル  以前はリバーロディオとも言われて一カ所の瀬で様々なムーブを行なって技を競うトリッキーな種目競技。艇は最短で回転しやすい。
 
準備が簡単 まな板にもなります 始めはドキドキ アグレッシブ
ロール練習
 転覆(沈)すると自分で起き上がるスキル「ロール」を習得していないと脱艇して急流を泳ぐ事になり危険です。その為にロール練習をします。
セットアップの体勢から 水中でパドルを回す 頭を上げずに 大きな動作で起き上がる
ダッキーとカヤックの違い

 
 カヤックとダッキーの違いをあげてみました

 カヤックの長所
 @準備や片づけに時間がかからない。
 A瀬あそびで様々なムーブを習得する楽しさや目標が出来る。
 B風の抵抗は少ないので向かい風でも快適に進める。また細かい動きで遡上もしやすい。
 Cトロ場の多いコースもダッキーよりはラク。
 Dメンテナンスが殆ど不要。

 E中古も多く、値段も安い。
 
F動きが機敏で、見ていてもカッコいい
 カヤックの難点
 
@初心者には難しい乗り物。慣れるまでに練習が必要。
 Aロールやブレスなどのリカバースキルを習得しないと川下りはリスクが高く困難。

 B保管場所にかさ張る。小型の車だと運搬に専用キャリアが必要。
 Cホワイトウオーターでの沈は、怪我のリスクが高くなる。

 
D運動能力やスキルの差があると一緒に出来ないこともある。


 ダッキーの長所
 @初心者でも乗りやすく、転覆しても自分でリカバーが出来る。
 A安定性がいいのですぐに川下りに漕ぎ出せる。
 B年齢、性別、運動能力の差があっても一緒に出来やすい。
 Cコミュニケーションする楽しさや、一体感が味わえる。
 Dコンパクトに収納できるので保管場所、運搬には困らない。

 ダッキーの難点
 @準備(セットアップ)、撤収に手間がかかる。
 Aパンク、裂傷、バルブ不良など不具合を生じやすいのでメンテナンスが必要。
 B風の抵抗をもろに受けやすい。
 D中古が少ない。値段も高い。

 E転覆するとフネから離れやすく、セルフレスキューが困難になる。