ダッキーとは 川下りの準備 基本操作 那賀川鷲敷木頭 吉野川大歩危 四万十 スクール ダッキーズ カヤック 補修  那賀川

急流のスリルと川の自然に癒される

ダッキー川下り
  
 
ひとりで ふたりで  仲間で 親子で 家族ラフティング 

ダッキーとは
 空気を入れて使うカヌー型ゴムボートで正式にはインフレータブルカヤックといいます。1人乗り(ソロ艇)と2人乗り(タンデム)があり参加者が自分でする川下りです。リバーカヤックは脚を中に入れてカバーでふたをするので転覆したら起き上がるスキルがないと困難です。ダッキーはカヤックより安定性がよく、転覆してもリカバー(再乗艇)が簡単なので初心者でも川下りを楽しめます。ラフティングは更に安定して幼児のいる家族でも安心して皆で漕げる大型ゴムボートです。激流に挑むドキドキ感、乗り越えた時の安心感、瀞場(トロバ)でのんびり川の自然に包まれる癒され感など・・・変化とメリハリのある川下りを満喫出来るのがダッキーの魅力です。
 
 リバーカヤック ダッキー ラフティングボート 

ダッキーの種類 
1985年に最初に購入したフネはエアー社(米国製)リンクス2でした。当時は他社製品も少なく、市販のダッキーの中では最も高価で20万円ほどしました。エアー社はダッキーの老舗で品質向上に取り組んでいるのでクレームや不具合は少なく、25年前に買った旧艇でも未だに使用しています。当方のレンタル艇はエアー社をメインにしていますが他社のも色々あってそれぞれ特徴があります。
 
川下り体験のレンタル艇 特徴、その他
AIR
(米国)


リンクス2


定番リンクス2で大人2人用のタンデム艇。剛性、安定性、強度ほか丈夫で長持ち。クレームも殆どない安心のフネ。メンテナンス面でフロア部に砂が入りやすいので使用後は小まめに掃除と乾燥が必要。

スーパーリンクス


リンクス2より少し長くゆとりがあるので3名でも乗れる。先端のソリも少なくチューブもやや細めなので直進性がいい。ツーリング向き

カラカル2



リンクス2の廉価版で重量も軽く、ソロ艇としても使用できる。現在は生産終了してトムキャットに変更したモデルとなっているが、トムキャットは重量が重いので再生産を望みたい希少価値のあるフネ。

リンクス1


リンクス2のソロ艇(2010年製)。チューブ径も以前より細くなりリカバーしやすく船足も軽い。安定性、剛性もよく、小さい子供さんなら親子でも乗れる。総合評価の高いソロ艇

ストライク1


リンクスのアンダーグレードで価格はお手頃。重量はリンクスより重いが、トムキャットより軽い。直進性、安定性に優れて安心して乗れるソロ艇。

新フォース

2011年製の新型モデル。下の旧型よりサイドチューブ径が大きく安定性が向上して乗りやすい。素材が硬質、構造も頑丈になりポリカヤックに近い乗り心地。難点はフロアジッパーがないので中を開いての乾燥メンテが出来ない。

フォース

カヤックのスラローム艇を意識したソロ艇。船足が速く、機敏に回転しやすい。フロアの重心が高くチューブ径が細いので横波にバランス崩して転びやすい。機動力が一番のお気に入り艇。
グモテックス
(チェコ)




ヘリオス340
 

船底型の形状の為ローリングしやすく初心者は転びやすい、けれど他艇では困難なロールが出来るのでカヤックに移行する前の練習には最適。静水仕様でセルフべイラー(排水穴)がないので瀬では中に水が溜まる。剛性も他のフネより劣る。

ヘリオス380



上の340より長く二人乗りは余裕がある。バルブが以前のより改良されていて使いやすい。セルフベイラーはない。

ハイサイド
(米国)


パディラック


初期のハイサイド艇。重量が重く回転、船足は遅い。けれど厚みのあるゴム素材で頑丈でチューブ径も太くラフトに近い重厚感がある。ハードな衝撃にも耐え、安定度が高いので体重のある人向け。

アワーズ
(日本)


渡り鳥


群馬県のメーカー、アワーズ初期のソロ艇。低コストで軽くて剛性のあるフネだが、初期の製品だった為エアー漏れや縫製のほつれがあり冬眠中。現在のものは改良されて不具合は殆どなくなっている。
NRS
(米国)

バンデット1



H21年に購入したソロ艇。重量が最も軽いので水面までの運びがラク。けれど漕ぐと左右に振りやすく、初心者は直進するのに慣れが必要。また浮力が高いのでリカバー(再乗艇)にコツがいる。剛性もあり大歩危でも可。最大の長所はセルフベイラーの穴が多いので中に砂が溜まらずメンテナンスが最もラク。
NRS

 

バンデット2 
1   バンデットのタンデム艇。H26年に大阪のYさんよりソロ艇と一緒に寄贈して頂いた新艇。軽くて持ち運びと掃除がラクなのでスクールでの出番が多くなる予定
ラフテイングボート     
HOJYO
(中国)
幼児のいる家族も川下り体験出来るようH29年に導入。親子で6〜7名は乗艇出来る。ダッキーと併用すれば8名程度まで実施可能。フネが重いので運搬には大人3名は必要。
リバーカヤック    
カヤック
(各社)


ダッキーで川下りのスキルを覚えたら更にスポーツ性の高いカヤックの世界へ。まずはロールを練習して出来るようになったらダウンリバーへ。各種ポリ艇が出番を待っています。


タンデムソロ艇
 タンデムは大人2人乗り、ソロは1人乗りの艇ですが、子供はプラス1名ぐらいの余裕があります。タンデムに初心者同志で乗ると、最初はなかなかまっすぐに進まずに回ったりします。けれど時間とともに要領がわかってきます。前席は前方を見て漕ぎをリードする役割、後席はフネのコントロール(舵取り)する役割です。両者がうまくかみ合う事で力強くキレのある操作が出来ます。ソロ艇は動作がすぐにフネに反映されるので修正がわかりやすく慣れるのが早いです。自由に漕げるのがいいのですが、転覆した時のリカバーや、フネの準備や河原までの移動など一人で出来る体力が必要です。