ダッキーとは 川下りの準備 基本操作 那賀川鷲敷木頭 吉野川大歩危 四万十 スクール ダッキーズ カヤック 補修  那賀川



ダッキーゲレンデ案内
那賀川中流域・鷲敷(わじき)
 
 地元の阿南市を流れる那賀川の中流域の那賀町(旧鷲敷)に「わじきライン」という急流と奇岩の景勝地があります。ここはカヌー競技公認コース(スラローム、ワイルドウォーター)として認定され、これまでジャパンカップや東四国国体での会場として脚光を浴びました。那賀川中流域には上流に2つのダムがあり透明度は良くないのですが、常に一定量の取水を供給しているので渇水時でも川下りには支障はありません。当方主催のダッキー川下りのホームゲレンデとして5つのツーリング区間を設定しています。



A区間(初級):B&G体育館下〜鷲の里、5,5k

モミの木瀬

 一般や親子向けのビギナーコース区間です。全般に川幅が広く流れが緩やかですが、侮るなかれ4箇所のスリリングな急瀬があります。画像上のモミの木瀬は1mほどの落差があり超刺激的です。昼休憩をとる仁宇の瀬ではフェリーグライドやストリームインなどのスキル練習が出来ます。後半では飛び込みポイントもありバラエティに楽しめます。

 スタート地(百合)のB&G体育館下は、以前にカヌー競技会場として整備され、駐車場やフネの準備のスペースは充分あります。川辺までのフネの持ち運びは女性や初心者にとっては少し遠いかもしれませんが、舗装遊歩道で歩きやすいです。難点といえばダム放流が多い時は基本練習をする瀞場が狭くなることぐらいです。
ゴール地の鷲の里(和食郷)は道の駅で21番札所太龍寺へのロープウェイ山麓駅があります。その為駐車場、公衆トイレ、食堂売店、宿泊入浴施設もあります。河川敷まで車で降りれるので後片付けもラクです。川下り終了後は着替えずに歩いて入浴に行けるのでベストな環境です。

フネの準備 川辺への遊歩道 基本練習 リカバー練習
仁宇の瀬 田野瀬 鷲の里下でゴール地の 鷲の里で入浴
 




B区間(初級上)鷲の里〜水井橋 7、5k


シキイの瀬

 B区間はA区終点の鷲の里からスタートする下流域ですが、急瀬ポイントが7箇所ありその規模もAより大きく距離も長いのですが川幅が広いので初級上です。コース最大の「シキイの瀬」のビックウエーブ、後に続く鞍返しの一文字ホールがスリリングです。カヤック初級者ではAを経験してからがいいかと思います。後半の「ウスの瀬」はCコースの難所の「返し渦の瀬」の構造に似ているのでいい仮想練習となります。

ゴール地の水井橋にはトイレや建物が一切ありません。
今年(H27年)に主要アクセス道の崩壊で迂回道の往復となっています。ダム放流が(50t以上)あればA+Bのロングツーリングもお薦めです。
鷲の里河川敷 アセビ返し 那賀川最長のシキイの瀬 鞍返し
飛び込み岩 ウスの瀬 〆谷口の瀬 ゴール水井橋



C区間(中級):水の花〜野外活動センター(5k)



タキの瀬
 A・Bコース区間を経験した方向けの中級ゲレンデです。川幅狭く、岩がせり出して、瀞場が少ないのでフネのコントロール力と素早いリカバーワークが要求されます。ラストの1kmは鷲敷ラインの核心部でカヌースラローム競技区間となる急流ゲレンデです。C区間は短いのでフェリーグライド、エディキャッチの他サーフィン、スラロームの練習をしながらスキルアップのダウンリバーにお薦めです。

水の花荘さん(特別養護老人ホーム)の下の狭い土手にて準備します。フネを降ろして川上にある広い瀞場でウォームアップ。スタートしてすぐにくる「タキの瀬」はこの区間随一の瀬幅。中央部の男気ルートに乗り核心部のホールポイントに突っ込むと高確率でフリップ(転覆)します。落差隋一だった「とどろの瀬」は昨年より落差が減ってインパクトが失せ、変わって「賽の瀬」のウエーブが激しくなって爽快。最後の「返し渦の瀬」はダム放流量が多くなれば不気味な大渦に変身します。昔の記録では渦の水深9、1m(現在は土砂で少しは浅くなっているが)、過去にここで溺死した人もいる(僕も始めた頃に死にかけた)超危険箇所です。ダム放流100t弱で誤って渦中に入ると自力脱出や、ロープレスキューとも困難となるので必ず下見をしてコース取りやセルフレスキューに自信がなければポーテージ(陸揚げ移動)しましょう。
セットアップ ウオームアップ 最大のタキの瀬 タキの瀬核心部
賽の瀬 とどろの瀬 増水時の返し渦瀬 ゴール




D・E区間(中級+):川口橋〜雄橋〜野外活動センター(14k)

那賀川最大タツミの瀬

D区間は雄橋〜野外活動センター下まで9km。スタート地点が瀞場で、徐々に瀬が大きくなる理想的なコース。ただスタート地点の準備や駐車するの場所が私有地となるので無断では入れません。2つ目の瀞場を越えて那賀川では希少な木の枝の下を抜ける「鵜の首瀬」(通称首狩りの瀬)を越えるとC区間となります。

E区間は川口ダム下の支流の赤松川からのエントリー。この澄み切った川との出会いが第一の魅力で、瀞場をスタートして最初にくる那賀川最大の「タツミの瀬」が第2の魅力(上画像)。瀬の幅も最大なので力量に応じて4ルートが選択出来ます。その後の瀞場が長いのでツーリングでのスタミナ練習になります。なのでダム放流30t以上ある時がベターです。3つめの「八艘の瀬」を越えるとD区間となる雄橋に到着します。野外活動センターまで14kのツーリングコース。

     きれいな赤松川よりエントリー ふり返ると川口ダム しばらくの瀞場 那賀川最大幅のタツミの瀬
戸浦の瀬 雄橋手前の八艘の瀬 鵜の首の瀬 タキの瀬からC区間