ダッキーとは 川下りの準備 基本操作 那賀川鷲敷木頭 吉野川大歩危 四万十 スクール ダッキーズ カヤック 補修  那賀川



四万十川ツーリング
(高知県四万十町大正〜十和)


二艘(にそう)の瀬
 ダッキーでの川下り区間としては四万十川中流域大正町、十和村が急流も多いので面白いと思います。当方のツアーの場合は2日間にて1日目は茅吹手沈下橋からふるさと交流センター。2日めはリバーパーク轟キャンプ場下から茅吹手沈下橋まで下りました。2日めは「轟の瀬」と「二艘の瀬」の四万十の2大難所があってかなりエキサイテイングになります。轟の瀬は突出した岩が多く水量により通れない事もあるので要下見です。「二艘の瀬」は川幅がロウト状に急に狭くなって落ち込み、舟が二艘(にそう)分の幅しかないのでその名がついたという。水が集中して落ち込むので一面真っ白の世界。更に縁の岩に沿って観覧しやすく、何度もエントリーもしやすいのでツアーのハイライトになるステージです。
にそう劇場
平成14年に初の四万十ツアーで5艇のダッキーで実施しました。
10人でいざ出発

二双茶屋を右に見えると

二艘の瀬はすぐ
一段目に突入

2段目のコブに入り

左に傾いて跳ね

豪快にフリップ!

瀬の下でバックアップ

次々と撃沈
5艇めは
おお、ナイスクリア!
にそう劇場の幕閉め

轟の瀬



この年はかなりの増水で勢いはありましたが下りやすい状態でした。リバーパークキャンプ場の下からのエントリです。通常水量だと岩が出てルートが狭くなり渇水だと川下り不可となります。
轟キャンプ場から
轟崎の瀬全景



要注意!四万十の鉄筋
 四万十の鬼門は二艘でも轟の瀬でもない鉄筋の杭です。H14年の1日めに下った茅吹手沈下橋からふるさと交流センター区間でフネ上げした際サイドチューブの底側が30センチ程の一直線で裂けているのを見て愕然とした。幸いにもインナーチューブは無事だったのでアウターの修理で済んだのですが・・下の画像はH20年9月に渇水で現場の状況が確認できました。ふるさと交流センター手前100mくらいの地点、右岸寄りに20m程の長さで点々と川底から30〜50センチほど出ていました。通常水位では鉄筋は隠れているので右側には寄らないように。まだ上流にも数は少ないけど鉄筋があったのでふるさと交流センター等で詳しい情報を聞かれる事をおすすめします。
    


キャンプ場、民宿
 キャンプ場としてはリバーパーク轟(大正町)、十和村なた三島キャンプ場(十和村)がリーズナブルで素朴な雰囲気があります。写真中央のリバーパークのバンガローはH20年現在は使用中止となり宿泊はテントサイトのみになっています。また設備の整ったキャンプ場は「ウエル花夢」(大正)です。また地元の農家民宿「おふくろ」では人好きなお父さんお母さんとのふれあいが楽しめます。また夜のエビ獲りなどの川遊びも体験出来るので魅力的です。 

三島キャンプ場 三島キャンプ場出発 リバーパーク轟テントサイト 便利だった轟ログバンガロー
轟テントサイト 地元の天然アユ 地元の蟹 農家民宿おふくろの父さん母さん


四万十ダッキーキャンプツアー
H16年9月
ふるさと交流センター
カンドリ舟と 三島の中洲附近

H17年9月増水
二艘の瀬手前で昼休憩 二艘の瀬 茅吹手沈下橋

H20年9月渇水
三島の瀬 コケの瀬

大材の瀬手前
二艘の瀬




四万十川ダッキーキャンプ
『最後の清流』といわれる高知県四万十川はカヌーや川遊びのメッカとして全国から川好きの旅人がやってくる。
ダムのない川(といっても本当はひとつあるのだが)四万十の中流域は蒼く澄みきって魚影が多く、川沿いの景色は徳島とは違った山容と牧歌的な田園風景に癒されることと思います。  昼はダッキーやカヤックで川を下り、夜は全員でつくる野外料理で盛り上がる、楽しいリバーキャンプに参加してみませんか。

 ●期 日           平成20年9月12(金)〜15(祝)日


 ●宿泊地  
  13(土)リバーパーク轟キャンプ場 テント泊   高知県高岡郡四万十町大正瀬里304-11 0880−27−1370
           14(日)
農家民宿「おふくろ」 自炊
  四万十町大正紅師219  0880−27−1015




 ●内 容    ダッキーでの四万十川中流域の川下り(急流の四万十川中流域・・・十和村、大正町)
            
キャンプと民宿、温泉(黒潮本陣)

          


 ●日 程     12(金)PM8:00徳島出発
           13(土)
AM1:00道の駅大正着、仮眠AM7:00キャンプ場イン、設営、朝食 
                  9:0〜14:00川下り、15:00温泉夕食準備
           14(日)
AM6:30起床、朝食 9:00〜14:00川下り、温泉 18:00夕食
          15AM7:00朝食、撤収、現地発、観光、温泉浴、昼食 17:30徳島着。


 ●準備品   水着、川靴、アンダーウエア、カッパ、帽子、軍手、靴下、防寒着、ふきん、米2合、食器、椅子、寝袋、銀マット、         懐中電灯、入浴セット、虫除け、健康保険証、酒類他 
※食器、割り箸、紙ふきん等の使い捨てはNG。


 ●定 員   8名程度



 ●参加費     自艇参加OK  2泊3日宿泊食事、ダッキー機材装備レンタル、保険料他・交通費(ガソリン、高速代)   


 ●主 催   TOGAWAレクサー  携帯090―7624―1515
          


 ●ご注意
    お客様のご都合によるキャンセルの場合、当日100%、3日前50%、6日前20%のチャージ料が発生
           しますのでご注意ください。



 ●その他   当日小雨決行ですが台風、大雨による荒天が予想される場合は中止します。