子供教室 あそび蔵ウォール ウォールとは  ウォールづくり 福島ウオール支援

子供クライミング教室
あそびぐら子供クライミング教室
 活 動 月2回の定例クライミング教室とアウトドア活動行事。
 場 所 ダッキーハウス「あそび蔵」 
 対 象 4歳以上の子ども会員と保護者
 内 容 季節ごとにアウトドア活動を実施します。(ハイキング、カヌー、磯歩き、洞窟、キャンプ等) 
 登録料  入会金 3,000円、年会費3,000円、スポーツ安全保険 800 円(1 年間)
 参加費  会員350円、 非会員 700 円  ※冷暖房料別
 準備品  運動服、室内用靴、靴下、タオル、飲み物ほか
 目 的 子供たちの健康と体力の向上。を通じた体力づくりと安全の教育をおこなう。
コミュニケ―ションやルールを学習する。
   
 プログラム(2時間弱)
 あいさつ 姿勢を正して全員であいさつする。 
 準備運動 全員で一緒にストレッチ体操を行なう。
 トラバース 壁を横へ進んでいく。(横移動)
  洞窟ルート ヘットランプをして入り①から⑨の数字をタッチしながら進む
 アコメ渡り  吊り棒の上を移動して指定のホールドをタッチして下る
 ボルダリング 北面垂壁を登り下り
 ハーネス着用   正しい着用とカラビナの使い方を使う
 ロープクライミング  ① A壁のクライムアップダウン  ⓶B壁の登り下り  ⓷懸垂下降
 スラックライン 目標まで歩き練習
 ストレッチ  整理運動・あいさつ 終了 
 教室ではクラミングを通じた体力づくりと、集団でのルールやコミュニケーションを学習する場として子供たちの成長をはかることを願っています。きまりとして以下の3つを大切にしています。

「あいさつ」・教室の始めと終わりは全員であいさつします。ロープ確保クライミングはビレイヤー(確保者)へ「お願いします」と言ってスタート、終えたら「ありがとうございました」と言うきまりにしています。

「安全」・・・登る時は「行きます」とまわりに告げて行動します。
       人が登っている時は壁の下には行かない
「感謝」・・・用具は大切に扱う。使ったものは自分で片づける。
       ロープは踏まない、ねじらない等

 ロープワーク
 4mの壁でも高さでも小さい子供には大人の2~3倍の高さになります。落ちると怪我をするリスクがあり不安です。ロープで安全確保することで不安なく課題に挑めます。ロープの結び方、器具の扱い方も学習します。
 実施状況(R3年1月現在)
  実施日    時 間    人 数    年 齢
A  第1・3木曜  17:00~18:30 3家族 5名  7~11歳 
B  第1・3金曜(1)  17:30~19:00 2家族 3名  8~11歳 
 第1・3金曜(2)  19:00~20:30 2家族 3名  5~9歳 
 第2・4金曜  17:00~18:30
2家族 4名  7~11歳 
 第2・4金曜  18:30~20:00 1家族 2名 5~8歳
アウトドアイベント
 
ハイキング 沢のぼり   ダッキー  シートレック
   
スノーハイク   洞窟 山歩き   岩登り
 教室で学んだクライミングのスキルや安全確保ワークを野外で実践する展開を行っています。阿南や県南近辺は豊かな山、海、川の自然環境に恵まれています。その環境でたくましく遊んで育って欲しいと思います。