クライミングウォール クライミング教室 ウォールづくり 福島支援
クライミングウォール
 
     
   2010年ダッキーを置く倉庫を建てた際に、ちょっと遊べる場があればと思い左壁にクライミングウォールを設置。それが知り合いから希望があり教室を始めました。意外に子どもからのウケがよくて毎年壁を延長して、2017年には倉庫が全面クライミングウォールになってしまいました。仕方なく納屋を建てることにになりました(苦笑)。定員8名 ▲左垂壁・前傾(4.5m)・正面奥垂壁(3,5m)・右垂壁・前傾・後傾(6.2m)・天井(4.5m)  
   壁の木製パネルは「柿しぶ」で塗装しています。柿しぶは柿の実から作る日本古来の自然塗料で防虫、防水、防腐効果があります。水性で被膜が薄いのでクライミングには効果的ではないのですが、手肌にやさしく安心な塗料です。  
 
ホールド
 壁につけた手や足を置く突起物をホールドといいボルトやビスで固定します。形は様々でしっかりつかみやすい「ガバ」、足を置きやすい「スタンス」、つかみにくい「スローパー」、つまむように挟む「カチ」指を引っ掛ける「ポケット」etc。初心者や子供はガバしか持とうとしないので行き詰まります。持ちにくいホールドにいかに手足をかけてキープするかが練習の課題になります。
 
①ガバ スローパー ③カチ ポケット ④スタンス
   
栗  小鳥 キャベツ 数字  英字 
 下は食べ物、生きもの、文字系のホールドです。食べ物や生き物ホールドは手で持つのはOKですが、足で踏むのは禁止ににしています。登りの基本は歩行と同じで脚力とバランスです。クライミングは手と足で三角形の支点を意識して体重を分散していいバランスを保つことが大切です。その為には体の柔軟性と、バランスを保つ体幹が重要です。
 ウレタンマット20cm厚 子供用ハーネス  専用靴   ロフト
 
 
あそびぐらクライミング  
  あそびぐらのクライミングは登るだけでなく下りがあります。スタートから登ってトップホールドを両手でつかんで前半終了で、そこから下り(クラムダウン)をしてゴールとなります。は
 
 
体幹トレーニングのあそび 
クライミングの合間に体幹や、平衡感を養うゲームメニューを取り入れています。
   
スラックライン  足裏重心移動 体幹開脚  バランス