ウォールとは ウォールクライミング ウォールづくり1 福島ウオール支援

ウォールづくり(1)


きっかけは倉庫づくり
 アウトドア道具を古い家に保管していたが、ダッキーがネズミにかじられて穴が開いたり、カヌー靴にムカデが棲み込んだりして・・・安心して置ける清潔な倉庫を造りたいー。そこで仲間が遊んだり、お客さんが泊まれる室も備えた倉庫をつくろうと思い立った。この時にはウォールづくりは全く頭になかったけど・・。

当初は古家のリフォームを考えていたが、建築士の義兄に相談すると、新築するのと経費に大差なく、目的や希望に応じた形に出来る。更に基礎位置を境界に寄せて土地を広く有効に使えるなどの利点により平成21年11月に着工した。


     
解体前H21年11月 井戸を残して解体 骨組みが出来る 工事完了H22年3月


上端左の画像が壊す前の家。僕が中学生の頃まで両親がここで小さな旅館業を営んでいた。手前の出っ張った土間は「釜や」でかまどで炊飯していた。その端に井戸があり、電動ポンプを据えて水を上げていた。蛇口を開けるたびにモーター音がやかましく鳴っていた。 

昭和60年代に市水道をひいてからは井戸は使用しなくなったが、解体時にこの井戸を埋めるか残すかの選択を迫られた。・・・この地域の家の殆どは水道をひいた時に井戸は埋めたとの事。石のふたをずらして中を覗くと水があった。細菌検査で飲用不適との診断だったが、先祖代々より命の水を与えくれた希少な井戸で水は涸れていなかったので残すことにした。


思いつきのウォールづくり

解体作業が終わる頃に、倉庫の壁にクライミングのウォールを造ろうと思いつき、設計士の義兄に相談すると、図面上では可能だが倉庫として使えるスペースが狭くなるので物があまり置けなくなるよと。それなら建物の容積を少し広げたらと安易に言うと、広さが変わるということは設計図、見積書、県に提出した確認申請書、各業者への材料発注や仕事準備など全てが一から契約のやり直しとなってしまうのでNG。

今は昔のように棟梁大工が一貫してコツコツと時間かけて行う家づくりではない。工程ごとに違う業者が分担して仕事する。職人の手をかけないように柱は寸法通りに加工納品されて、速く簡単に建てるのが現代の家づくりになっている時代。基礎工事が始まる前だったのでどうしてもと要望すれば出来ない事もないが、義兄や請負業者以下全ての所で迷惑をかけるので即撤回。倉庫は狭くはなるが出来上がったスペースで考えていけばいいとウォール工事の追加を決めた。





事前調査

これまでウォールクライミングの経験や知識が全くない分野でのモノづくりだったので、ネットで情報収集したり、図書館で調べたりもしたがなかなか遠い存在だった。

誰かに相談しようと胸に手をあてて思い浮かべてみるとちょうどストライクな人物を思い出した。以前自分が非常勤講師をしていた城西高校に登山部顧問をされているS先生と彼が学校の部室に造られたウォール。S先生とは何度か会話して知り合っていたので早速電話をしてそのノウハウを教えてもらうようお願いすると快く応じて頂き学校に伺う。

城西高校登山部の部室にある高さ3、5mほどで傾斜110度ある壁にはたくさんの色テープと文字が記されていた。落書きにも見える短文や軽い表現もあって楽しそうに生徒たちが汗を流している実感がした。
 
     
生徒たちのコースサイン 壁の内側 工事業者さんとウォール見学

また後日に請負業者の担当者と施工工務店さんの三者で実物の見学してもらう。話や模型よりも、現物を見るのが伝わりやすい。パネルは木製コンパネで、骨組みもこれに習って建設用足場の単管で組む。木枠の取り付けは現物は番線で締めていたが、シンプルで便利な金物で取り付ようと具体的なアイデアも出て現実化していった。



 ウォールクライミング講習
小さなウォールの場合、おおかたは愛好者が自分の家でトレーニングしたいと高じて作るが、僕の場合はその経験がないのでまずはウォール体験しようと県山岳連盟主催のクライミング講習に参加した。

会場の鳴門運動公園のウォールはFRPグラス強化樹脂の3次元モジュラーパネル使用の12mのウォール。コースが3本あり右端の一番やさしいコースでも初心者で登りきる人は少ない。

フリークライミングでは登山の岩登りと違って、ゴールに着いたら下りはロープダウンしてもらう。途中で落ちてもそこで少し休んで再度チャレンジしてまた登りだす。・・・落ちることは当たり前のフリークラの確保のやり方も勉強になった。1回目では初級コースでも登れなかったが、その後Kさんの主宰する練習会に参加させてもらい3回目でどうにかやさしいコースが登れた。しかしすぐに腕がパンプになり、続けて何本も登るメンバーを見てこれは継続してやらないと身につかないものだと思い知らされた。

鳴門総合運動公園クライミングウォール(鳴門市)  高さ12m、幅4m
T−WALL社製常設固定式3次元モジュラーパネル 
材質はガラス繊維強化ポリエステル樹脂パネル 
徳島県山岳連盟の認定する会員か、 同連盟主催の講習会を受けることで利用可能