洞窟めぐり 洞窟紹介2・3 体験案内

洞窟めぐり(ケイビング)

洞窟(どうくつ)とは地中にある人が入れる程度以上の空間で、洞穴(どうけつ)とか洞(ほら)ともいい、英語では「cave」ケイブといいます。(wikipediaより)ケイビングは「洞窟に入るアウトドアスポーツ」です。その楽しさは山歩きや川下りと違って日頃は見ることの出来ない地中の世界へ入るという冒険心をそそられることです。
ここではケイビングと言うにはおこがましいのですが、初歩の潜りとして地元や県内のあまり知られていないスポットを紹介してその面白さを伝えていけたらと思います。


津峯山の岩窟群
       
       

 阿南を代表するお山「津峯山」の中腹部にある5つの小さな洞窟で岩窟(がんくつ)と呼ばれています。がんくつも洞窟の違いは・・・規模の小さい岩穴、岩屋のこと。修行や、住居など人が利用していた横穴や、隙間を指しています。僕のイメージでは字からみて洞窟はサンズイがあるので海や地下水などの水源とつながっていて、岩窟はそれがない岩限定の狭所という感じです。

けれど津峯山麓は50万年前(洪積紀)は海中にあり海水によって土や岩が削られて出来た海蝕洞(シーケイブ)です。だから同じ高さの位置で点在しているのでしょう。標高180mの高所にある海洞が原状のまま残っているのは全国でも数少ない場所です。地質は硅石(けいせき)という石英岩。硅石はシリカの総称でガラス、セメント、鉄鋼、陶磁器等の材料として利用されています。

6箇所の岩窟群はそれぞれに特徴がありますが、最大級の神明窟は入り口に祠があり木地職人(木地師)が(木地とはろくろを使って造る碗や盆などの木工芸品。)行場として長期間の断食をして大願成就の祈願をした岩窟。至誠神明に通じるところから神明の窟と呼ばれています。
呼称 入口幅×高さm 奥行m 特 徴
① ホウキの窟
1×0.9 6 最初の短い横穴。本当は名はなく初めて入った時に中にほうきが置いてあったのでそう呼びました。ここで前進、後退の練習です。
② 神明の窟
(しんめいのいわや)
5.4×1 14 内部に枝穴がたくさんあり複雑な回廊で通り抜け出来て面白い。開口は4本でホールが2ヶ所あり、中には祠がある。
③ 巾着の窟
(きんちゃく)
2.8×1.3 18 巾着のような形状で入口は初めは広いが、首が狭くその奥が広く膨らんでいる。その為中は冬でもとても温かい。
④ 家具の窟
 (かぐ)
3.6×2.4 10.8 上下にトンネルが3本あり、上に行くには要注意キクガシラコウモリがいる。
⑤ 結びの窟
(むすび)
1.3×0.6 9 ハート型の形状で2人で抜けると縁結びになるかも・・。歩腹前進、ワニ歩きで抜ける。
⑥ 鏡の窟
(かがみ)
1×1.8 14 最も狭い隙間で岩が大理石の鏡のようにツルツルでそこを越えるとホールがありタテ穴になる。入り口は2ケ所あり各1方通行。オオゲジがいる。
● 揺るぎ岩
岩窟ではなく両手で押すとゴトゴト動く大きな岩。
   岩窟の住人アブラコウモリ:昼間は眠っているので起さなずに細菌ウイルスを持つ可能性があるので触わらないように。冬場は冬眠する。俗名イエコウモリ。
   住人オオゲジ:体長5cm以上 見た目は気持ち悪く嫌がられるが、おとなしく、人間には無害でゴキブリなどを食べる益虫です。