洞窟めぐり 洞窟紹介2・3 体験ツアー




洞窟めぐり(ケイビング)




洞窟(どうくつ)とは地中にある人が入れる程度以上の空間で、洞穴(どうけつ)とか洞(ほら)ともいい、英語では「cave」ケイブといいます。(wikipediaより)ケイビングは「洞窟に入るアウトドアスポーツ」です。その楽しさは山歩きや川下りと違って日頃は見ることの出来ない地中の世界へ入るという冒険心をそそられることです。


このページでは殆ど知られていない地元や、県内のスポットを紹介してケイビングの魅力を伝えていきたいと思います。自信をもって「徳島の穴場紹介!」となるようにしたいので気長にお待ち下さい。







其の1 〜
津峯山の岩窟群




 地元のお山「津峯山」の中腹部にある5つの岩窟群です。津峯は地元の市街地に鎮座するので手軽に行けて様々な形状の穴があり、洞窟潜入の基本的な動きやワークを練習出来ます。岩窟(がんくつ)も洞窟と同義語と思いますが・・・規模の小さい岩穴、岩屋のこと。修行や、住居など人が利用していた横穴や、隙間を指して呼ぶ事もあります。私見ですが漢字からみて洞窟はサンズイがあるので海や地下水などの水源とつながっていて、岩窟にはそれがないイメージになります。

津峯山麓は50万年前(洪積紀)は海中にあり海水によって土や岩が削られて出来た海蝕洞(シーケイブ)です。標高180mの高所にある海洞が原状のまま残っているのは全国でも数少ないスポットです。地質は硅石(けいせき)という石英岩。硅石はシリカの総称でガラス、セメント、鉄鋼、陶磁器等の材料として利用されています。

6つある岩窟群はそれぞれに特徴がありますが、最大級の神明窟は入り口に祠があり木地職人(木地師)が(木地とはろくろを使って造る碗や盆などの木工芸品。)行場として長期間の断食をして大願成就の祈願をした岩窟。至誠神明に通じるところから神明の窟と呼ばれています。


C家具の窟 F結びの窟 E鏡の窟 B巾着の窟


呼称 入口幅×高さm 奥行m 特 徴
@ ホウキの窟
1×0.9 6 ウオームアップの短い横穴。本当は名のない穴で、初めて入った時に中にほうきが置いてあったのでそう呼ぶようにしました。ここで匍匐前進、後退の練習をする。

A 神明の窟
(しんめいのいわや)
5.4×1 14 内部に枝穴がたくさんあり複雑な回廊で面白さ一番。トンネルは4本、中に祠がある。穴潜りの様々なワークが体験できる。。

B 巾着の窟
(きんちゃく)
2.8×1.3 18 巾着のような形状の穴。首が狭くその奥が広く長い。その為中は冬でもとても温かい。

C 家具の窟
 (かぐ)
3.6×2.4 10.8 上下にトンネルが3本あり、上に行くには確保しないと危ないキクガシラコウモリがいる。

D 結びの窟
(むすび)
1.3×0.6 9 ハート型の形状で2人で抜けると縁結びになるかも・・。歩腹前進、ワニ歩きで通り抜ける。

E 鏡の窟
(かがみ)
1×1.8 14 最も狭い隙間で岩が大理石の鏡のようにツルツルトンネル3本あり面白い。オオゲジが多い。

F 揺るぎ岩
両手で押すとゴトゴト動く大きな岩。


津乃峰岩窟に棲む生きもの
アブラコウモリ(?)
昼間は眠っているので起さないように。また細菌ウイルスを持っているリスクがあるので素手では絶対に触わらないようにして、もしも肌に触れたらすぐに洗いましょう。冬場は冬眠する。

アブラコウモリ
人家周辺にいる蛾や蚊などを食べるので益獣としての側面があるが、数が増えると糞や尿による臭いやダニの発生、またはウイルスや細菌を運ぶので危険視される面もある。俗名イエコウモリとして家に棲みついたり入ってきたりする。西洋では黒くて気味が悪いというイメージもあるが、中国ではコウモリの漢語“蝙蝠”(へんぷく)の「蝠」の字音がが「福」に通じるとして縁起のよい動物とされており、日本では子宝に恵まれるという言い伝えもあり縁起のいい動物といわれる。

          
オオゲジ
体長5cm以上 見た目は不気味で気持ち悪いけどおとなしく、人間には無害ゴキブリなどを食べる益虫です。