スノーシューイング スノーシューの種類 ウエア・装備 体験スクール ハイクレポート1.

スノーシューイング


〜スノーシューとは〜
日本では「かんじき」として昔から雪の多い地方では必需の道具ですが、欧米で更にラクに歩けるように進化させた西洋かんじきがスノーシューです。この道具を使う雪山歩きを「スノーシューイング」と呼ばれています。メジャーなウインタースポーツのスキー、スノーボードは技術が必要ですが、「誰でもが一緒に楽しめる」レクリエーションスポーツです。
   
 
 徳島でも1〜2月の剣山系の山間部には20〜60pの積雪があります。平成9年に新しい冬の山遊びを探して雑誌で知ったスノーシューを購入。初めて履いてみてこれだ!と確信しました。以降県内で出来そうなゲレンデを歩いてみて12年より一般向けに夫婦池をベースにしたスノーシュー体験を始めました。 当時はスノーシューを履く人もいなく、好奇の目で見られたものでしたが5年後には登山会や個人ハイカーで急速に普及しました。けれどその使い方は積雪時の登山目的の使用印象でした。スノーシューイングは山頂到達にこだわらずに雪山ならではの自由な歩行や、自然を満喫するアクテイビテイとして楽しんでいきたいと思っています。

スノーシューイングあれこれ
 源流歩き 尻滑り  駆け降り   空を吸収
       
食痕  足跡  追跡 カモシカ! 
登山  鍋の始まり あったかい鍋   焼き大判
       
 縦走  山頂 楽しい下り   霧氷
スノーシューイングの魅力
 スノーシューは浅い雪でも楽しめる要素があります。けれど天候は重要な条件なので晴れの日がお薦めです。
   @新雪を歩く、走る・・・まっさらの雪の上を、サクサク踏みしめる感触がとても気持ちいいです。振り返るろ白いキャンバスに自分の足型がしっかりついています。 緩やかな下りでは軽やかに走れて軽快です。また急な下りでも深い新雪だとスキーの滑降気分で駆け降りるのもスリリングで最高です。けれど安価なスノーシューだとランや駆け降りは壊れるリスクも高いのでやりすぎないように。
   A池の上を歩く・・・夏には絶対入れない凍った池の上を歩けます。画像は2月の夫婦池(雄)です。スノーシューだと薄氷でも直靴よりは低リスクです。たまにひびが走る事があるので早足で戻ると回避できます(保証しませんが)。まずは氷の表面をストックで突いた感覚で厚みを推測しながら踏み出して行きます。歩き方は登山の基本である「静荷重、静移動」で行きましょう(笑)。
   Bどこでも自由に・・・・通常の登山ルートの制限なく雪原を自由に歩けます。ツボ足(直靴歩き)では積雪下の熊笹や、ブッシュを踏み抜いて歩行困難になるばかりか自然を痛めます。スノーシューだと足にかかる荷重が分散されるのでその確率は低く思う所に行けます。夏には入れない笹原をぬけてラクに短い距離で目的地まで行くためのルートファインデイングが出来るのもスノーシューイングならではの魅力です。読図やコンパスワークが必修になります。
C景色がきれい・・・・冬の山は空気が澄んで霧氷の樹林はとてもきれいです。樹の枝に咲いた霧氷の美しさ。 気温が低い日にはさらさらの雪の結晶が肉眼で見えることも感動です。夏は登山道からしか見えない景色がスノーシューだと様々な位置から眺められます。
 
   D動物と出会えるかも・・・・自然のゲレンデにはウサギや、シカなど動物の足跡がいっぱい。 樹木についた食痕や、落ちた糞を観察して、 その行動や生態を想像してみる「アニマルトラッキング」が楽しめます。 運がよければシカやニホンカモシカと出会えることもあります。