シートレッキングとは 体験イベント



シートレッキング




 山と川がレクサーのアウトドア活動の主なフィールドになっていましたが、海の近くで生まれて育ちながら地元の海を紹介しないのは不自然と気づいて平成23年より始めました。


「シートレッキング」とは
 シーは海、トレッキングは山歩きの意味で、上下左右に凹凸の多い海岸の沿岸にそって歩いて行くことを楽しむアクティビティで、シートレッキングという呼称にしました。

海には砂浜、砂利、磯(岩礁)、干潟、岬、洞、崖、山、樹林帯、など変化に富んだ自然があります。阿南市大潟町の袙(あこめ)海岸周辺にはこれらの地形がコンパクトに揃った希少な場所で、シートレッキングコースには好適地である事が下見を通じて実感していきました。


特に地磯歩きでは岩稜域での登山にある岩を登ったり下ったり、トラバース(横切る)したり・・・登山やクライミングの基本技術が必要になります。のんびりと海を眺めて行くだけでない、難所に挑むスポーツの要素もあります。


山では季節での様々な花に出会えるのが魅力ですが、海では花だけでなく、多くの生き物との出会いがあります。海藻や磯ものなどの自然の産物を頂くことが出来るのも海の魅力です。但し漁業権のルールを守ってのことですが。


                   変化に富んだアコメ海岸の地形
干潟 砂浜 玉砂利 地磯
一枚岩 樹林

シートレッキングの特長
  1、海の自然にふれあえる。
  2、子供、高齢者、障害者など幅広い世代で楽しめる。
  3、岩稜域の登山や、クライミングの練習として手軽に行ける。
  4、夏でもすぐに体を冷やせる環境なので熱中症のリスクが低いなど。



実施出来るプログラム
  ●タイドプール(潮溜まり)での生物観察、
  ●貝類等の食材ゲットと調理味覚(漁業権規定の範囲内で)
  ●シノーケリング、海水浴・
  ●岩登り・・・・・ボルダリング、クライミング
  ●ストーンペイント・・・・小石探しと絵付け   
  ●ビーチコーミング・・・漂流物さがしと工作




アコメ海岸の生きもの
干潟
@干潟の棲息調査 Aハクセンシオマネキ Bトビハゼ Cウミニナ

@袙海岸の手前は火力発電所のある橘湾の内海になって干潟があります。ここでは吉野川干潟にみられる様々な生き物が棲息しています。その調査の為に上の網囲いがたくさんあります。

Aハクセンシオマネキ:片方の大きなハサミを振る行動習性が白い扇子(白扇)を振っている様で、また潮を招いている様に見えるのでシオマネキ。6〜8月の繁殖期にオスがこのウエービングをする (絶滅危惧II類)

Bトビハゼ:泥干潟に生息して春から秋にかけて活動する。干潟上では這ったりジャンプして移動する。連続ジャンプで素早く逃げ回るので、捕えるのは意外と難しい。食性は肉食性、甲殻類などを捕食する。

Cウミニナ:干潮時に地上を這い捕食する。、主瀬戸内地方から九州にかけての地域でよく食べられ塩茹でなどにする。(絶滅危惧II類)


タマキビガイ ヒザラガイ イボニシ イシダタミガイ
ガンガラ イソニナ フジツボ カメノテ
ヨメカサゴ ムラサキイガイ(ムール貝) イワカキ ムラサキウニ

タマキビガイ(コンペイトウガイ)
 
名の由来はカラに付いた突起がお菓子のコンペイトウによく似ているところからきたようです。殻高は1.5cmくらいで鋭い棘のような突起の列がクルクル巻いています。潮の満ち引きする場所を潮間帯といいますが、潮間帯の上の方で暮らします。全く潮の飛沫がかからない場所にはいませんが、潮に浸かるのは好きではないようです。コップに潮水をいれてコンペイトウガイを入れると数分後にはコップの上に上がって潮水から出てくるそうです。

ヒザラガイ :体の周囲がコケ状の黒いヒゲで覆われてグロテスクな形。貝殻は78枚の小片に分割されていて、岩から剥がすとダンゴ虫のように丸くなります。一旦ゆでたあと殻とヒゲを手でそぎ落とし、甘辛く煮付けてると歯ごたえのある食感で美味との事。


イボニシ :少し波のしぶきがかかるような岩を好んで生息。ただし、干潮時にカラカラに乾いた岩場にいることもあります。塩茹ですると少し苦味がある独特の味。肉食性の貝で体の中に蓄えた酸を使って他の貝に穴を開けて肉を食べ、養殖のカキなどを襲う有害種の貝として漁業者には嫌われています。食べた時の苦味はこの酸のせいだそうです。

イシダタミガイ: 2cm程度の小さな巻貝。干潮の時には岩の割れ目やくぼ地、石の下などにたくさん群れて潮が満ちてくると真っ先に動き出し、波打ち際を動き回ります。動く速度はビックリするくらい速い。貝殻の表面にレンガを敷き詰めたような石畳模様が由来。

カメノテ :貝ではなく、エビやカニなどと同じ甲殻類に属しフジツボの仲間。潮間帯の岩の割れ目に群生。大きいものだけを採取。味はピカイチで塩茹でして、袋状の柄の中にある肉を食べます。脂肪質の、コクのある独特の旨さで、味噌汁に入れても美味。

ヨメガカサ:茹でると実だけがきれいに分離するので最も食べやすい。味噌汁炊き込みご飯などで。島根県の海岸部では、貝を「ぼべ」、「べべ」どと称して、夏に採りニンジンなどの根野菜とあわせて炊いて「ぼべ飯」という炊込み飯が一般的である。


ムラサキイガイ(ムール貝)は記憶喪失性、麻痺性、下痢性買う毒など多種の毒を蓄積する事が報告されている。二枚貝のうちでも貝毒の減毒が遅く、長期間に毒性を保ちやすく、麻痺や下痢などの食中毒を起こすことが多いので天然ものを食べるのはやめましょう。但し商品として売られているものは検査、安全管理が確立されています。

Gムラサキウニ :海胆海栗)別名にガゼ 棘皮動物(きょくひどうぶつ 「海胆」は海の腸という意味であり、これを訓読した「うみい」が「うに」の語源であるとされる ウニヒトデクモヒトデナマコなどが棘皮動物に属する  旬は春から秋にかけて、特に初夏は最も品質がよい。



アメフラシ アメフラシの卵 アメフラシの殻 ガザミの子ども
アメフラシ :名の由来は海水中で紫色の液をだすと雨雲がたちこめたように広がる様子からだそうです。また雨の時に岩場に集まるという説もあり、産卵のために磯に現われる時期が梅雨と重なるためではと考えられています。 iイギリスや中国名で海兎いう意味で頭部の二本の突起をウサギの耳に見立てたもの

イトマキヒトデ クモヒトデ
クモヒトデ : ヒトデとは近い関係の棘皮動物。ムチのような細長い足で海底をはって移動。殆どのクモヒトデ類は通常、海岸の浅瀬では目にすることができないというのでこの場所だけかも・・。約1,500種類のクモヒトデ類が存在して多くの種は、500m以上の深い海底にも生息する。

海藻
ひじき ワカメ テングサ アオサ


ひじき  : 4月から5月が旬、茹でると鮮やかな緑になりそのままでもコリコリしていい食感。

ワカメ  : 3月から旬にて4月末ぐらいまでならいけます。徳島県内ではここが分布の最南端との事です。

テングサ : 4月下旬から5月上旬。寒天、ところてんの材料です。色は赤紫色ですが天日干しと繰り返すと白になる。

アオサ  : 一般的にはアオノリと呼ばれますが食用のアオサはヒトエグサのことでん内湾のアオサとは別種類。

以上許可なしで獲ってはいけません。 



海の自然観察と磯トレッキングH25.5.26
 「徳島の自然と生物を語る会」代表の中野晴夫先生のご協力を頂き、アウトドアサポーター養成セミナーでの自然観察をメインにした講習会を行いました。参加者の子供たちのひっきりなしの質問に全て明確に答えられて博士の先生でした、一番勉強になったのは僕自身で先生の話を受け売りですが紹介させてもらっています。
内海の説明 向こうは火力発電所 海辺の樹木の特徴 棲み分けの話
ヨシのある干潟 カニさがし ハクセンシオマネキの卵 鉄砲エビ
タイトプール観察 鳥の話 先生のまわりに集まる アメフラシの神経
生き物探し ゴロ石の浜 浅い洞で ビーチ
中野先生は高校で生物を教えられていました。主宰の会の活動を通じて子供に自然から学ぶ教育に尽力されています。下見の時にこの袙海岸をこれほど自然豊かでたくさんの生物が棲息する所は全国でも珍しいと感心されていた。自信をもって紹介できる郷土の海岸です。

  
「シートレッキング体験イベント」へ