山歩き 準備 一歩〜阿南 二歩〜東・中部山渓 三歩〜剣山渓 四歩〜愛媛  スクール


山歩(4)〜愛媛の山〜



西赤石山(愛媛)
GWの頃はアケボノツツジで山一面がピンク色に染まる。この樹木は葉よりも花が先に咲くのでより層鮮やかだ。更によく見ると花弁が下に向いて開いているので下から見上げのにちょうどいい。 一方同時期に山麓付近に咲くヒカゲツツジはその名の通り陽射しのない所でひっそりと咲く。淡い黄色でうつむいてしとやかな感じ。よく見ると1本の枝から5つの花が五方に向かって開いている。アケボノが太陽ならヒカゲは月のような花。
歩きはじめ 西赤石山 アケボノツツジ ヒカゲツツジ






平家平〜冠山
〜なすび平
 
愛媛県別子山村、中七番より1時間半ほど上がったナスビ平はカタクリの大群生地。例年は4月中旬くらいからGW前半くらいまでならゲレンデ一面の咲きほこるお花畑を堪能できる。しかし昨今のシカの食害でかなり減ってきたのが非常に残念。コースとしては平家平から上がって縦走するほうがクライマックスにカタクリに出会えるかもしれないので好みであったが、数年前にシカの食害で群生が壊滅状態になったのが残念。


フォレストハウスから出発
爽やかな沢沿い     縦走路途中の大きなブナ
平家平
冠山へ 可憐なカタクリの群生

5月5日、休憩後、冠山にむかうと頂上近くにアケボノツツジが咲いていて皆の気持ちパアーッと桃色。冠山から平家平の縦走路は笹の平原で歩きやすかったがカタクリは遅くて終わっていた。けれど明るいブナ林の新緑と躍動感ある沢沿いのコース、平家平の笹原、そしてアケボノツツジ。1日のハイキングとしては縦走して周遊できるコースで景色の変化も楽しめる。数年前よりナスビ屋敷からフォレスとハウスへの渓流沿いの登山道は崩壊の為通行止めにて迂回路コースとなっている。