きっかけ 基本練習 教室案内 活動歴 失敗談 津軽の旅

三味線の基本練習
   三味線を始めるには楽器が必要ですが津軽用は中古でも値段が高く数も少ない現状です。続くかどうかわからない習い事に高価な購入には躊躇します。ので始めは安価なお稽古用の細棹三味線でよいかなと思います。  
  準備  
  ①三味線を出す
 
天神を左にして静かに置く。
 この時胴皮の下に撥か和紙袋などを敷く。
 
  駒をつける
 
胴の縁から指3本分くらいの位置で駒をつける。駒は折れやすいので扱いは丁寧にを。
 
  糸巻きを廻す
 正置での1、3糸の調弦は2の糸巻きを腰骨附近に当て、左手で糸巻きを体側に押しながら廻し右手で糸を弾く。2の糸は右手で棹を固定して左手で糸巻きをねじ込むように回して締める。

※細棹の糸巻きは上から1-2-3順が標準ですが、津軽は1-3-2順で津軽巻きと呼ばれています。理由は演奏中での調弦がスムーズに出来るからです。
 
 
 
調弦
①調子笛
 
まず笛で1の糸音をとる、当方では5本を基音にしています。笛で音をとるのはわかりにくいのですが、やっていると耳が慣れてきてわかるようになります。
 
  ②チューナー
 
笛であわせた後で確認修整します。最初からチューナーで合わせるほうがラクですが、それでは耳で音を聴けるようになりません。面倒ですがチューナーは補助として使ってください。
   
  ③さわり
 
1の糸の調弦の仕上げとしての必修です。合わせた後にこのネジを回しながらビーンという唸り音が最後まで長く響く位置に調整します。さわりがきれいにつけば2、3糸もよく響きます。
2、3糸
1の糸と同様に笛で合わせてからチューナーで確認しますが、慣れてくるとさわりの共鳴音だけで合わせられようになります。