種類 基本練習 教室案内(1)  (2) 失敗談 津軽の旅


津軽三味線



きっかけ
 20代の時にたまたまTVで故高橋竹山さんの三味線演奏を見て目が点になりました。当時はフォークソング全盛の時代で自分も真似事でギターを弾いていたので三味線に興味はなかったのですが、凄まじいスピードと音域、澄んだ音色に感動しました。
 
それから20年ほど経って、レクサーを立ち上げてから老人施設でのレクリエーションのプログラムとして歌の伴奏として三味線!とピンときて細棹の中古を店で買いました。すぐに徳島市主催の三味線講座を受講して阿波踊りと長唄のいろはを習いました。けれど施設のお年寄りが楽しむには長唄より皆で歌える民謡をと思い、徳島民謡会に入会。そこで時折先生が津軽三味線を弾かれるのを見て、あの時の感動がよみがえりました。早速先生から紹介された津軽じょんから節の楽譜とテープで竿がカンベリするほどくり返して弾いて練習しました。

その後津軽三味線を購入して更に練習にも身が入り、曲も覚えて弾けるようになり有頂天になっていました。偶然にも兄が青森に住んでいたので初めて本場の地を訪れ、そこで受けたカルチャーショック。全く基礎の出来ていない自分が恥ずかしほど思い知らされました。地元では有名なプロ奏者の山上進さんより撥づけを指南頂きました。迫力ある撥音のメリハリと熱く伝えてくれるレッスンの姿勢に感動して撥づけ練習に取り組み、平成15年に徳島で津軽三味線の会を始めました

  三味線の種類
三味線は細、中、太棹の3種類あり棹の太さと形状、大きさが違っています。津軽三味線は太棹の義太夫三味線をベースにして、胴は太鼓として強い打ちに耐えれるよう頑丈で厚手の犬革を貼っています。糸は太く、糸巻きも回しやすいように大きい。上棹には東さわりをつけて、下棹はより高音のツボがとれるように胴際まで平行にしています。

曲のジャンルによって種類が決まってきますので三味線を始める前にどのジャンルがやりたいのかを決めなければなりません。けれど楽器の構造自体は変わらないので細竿であっても津軽の練習は出来ます。僕の場合は細竿から始めたのでそれでしばらく津軽の練習をしていました。けれど撥を打つ箇所にある撥皮が半円になっているので民謡用の縦長の撥皮に貼りかえました。

 
種類 太さ(目安) ジャンル 特徴
細棹
(ほそざお) 
25.4mm
±0.6mm
  長唄、端唄、阿波踊り  一般的に最も出回っている。棹が細くて胴も小ぶりで軽い。音色も軽く棹のつけ根が丸みのある鳩胸曲線になっている。胴の前部分で弾く。
中棹
(ちゅうざお)
26.6mm
±0.6mm
民謡、地唄
小唄等
細棹より少し太い。東さわりがあり音の響きがいい。棹のつけ根が直線て高音のツボがとりやすい。民謡、
太棹1
(ふとざお)
27.8mm
±0.6mm
義太夫
浪曲
人形浄瑠璃の語り伴奏で使われる。下棹の元が鳩胸になっている。背の高い重い駒と長い撥を使う。重い音が出る。
太棹2 津軽 義太夫三味線をベースにして棹面は胴際まである。東さわりがある。糸巻きが大きく、胴もひと回り大きく改良されて剛健、威圧感がある。長い撥皮を貼っている。

 


   
  取り扱いの注意   
  津軽三味線特有の「叩き」の奏法は胴を太鼓のように激しく打つので、皮貼りに他の三味線以上の強度や耐久性を持たせています。皮は厚手の犬皮で、接着剤は「寒梅粉」という餅から作った粉を水で溶かして貼っています。水溶性の粉なので湿気や、結露に弱いので使用後の手入れや保管は注意が必要です。それでも経年により皮が緩んで鳴りも悪くなるので定期的に張替えが必要です。といっても皮は高額なので破れるまで使っていますが(笑)
                    
夏は暑い車の中には放置しないように。また保管も湿気の少ない涼しい場所に置きましょう。そして頻繁に出して使っていると皮も長持ちします。逆にケースに入れたまま殆ど使わない三味線はたまに出すと破れている事がよくあります。道具は家と同じで使わなければすぐに傷んでしまいます。