きっかけ 基本練習 教室案内  活動歴 失敗談 津軽の旅

津軽三味線

   きっかけ
 20代の時に高橋竹山さんの演奏をTVで見て目が点になった。「えっ、これが三味線の音?」と耳を疑った。目が不自由ながら凄まじいスピードと澄みきった音色、一人で弾いているとは思えない重なり合う旋律に衝撃の感動を受けた。けれど曲芸的な技の世界に自分がやれるものではない感じて時が過ぎる。

 40歳の時に今の仕事を始めて、老人施設のレクリエーションに三味線を弾こうと思い、市主催の三味線講座を受講。2年間基本を教わったが内容が長唄三味線だったので、お年寄りのレクには長唄は歌えないので民謡三味線の会に入会。そこで先生が時々津軽三味線を弾かれるのを見て、若い時に聞いたあの感動がよみがえった。それからは先生から頂いた津軽の譜面をひたすら練習するようになった。

3ヶ月で「じょんから節」が弾けるようになり翌年に太棹の津軽三味線を購入して益々熱が入った。偶然にも兄が青森に在住していることで、本場の津軽三味線に触れたいと夏に津軽に旅行した。そこで受けたカルチャーショック、全く基礎が出来ていない自分を思い知らされた。義姉の伝手で地元のプロ奏者の「山上進」さんの撥づけレッスンを受けた。山上さんの指導は剣道で面を浴びるような衝撃と感動だった。津軽三味線の基本は「撥づけ3年」といって、まず右手の撥の打ち方を3年練習しろというものだった。帰郷してから前と後ろを使い分ける撥づけの練習に取り組んだ。翌年再び山上さんにみてもらうと「・・一応の型は出来てきたのであとは自分でやっていけばいい」と言って頂いた。そして平成15年に津軽三味線を練習する会「つがるん」を立ち上げた
  三味線の種類
三味線は棹の太さで細、中、太棹の3種類あり曲のジャンルで決まってきます。津軽は太棹の義太夫三味線系で太い糸を張ります。上棹には東さわりを仕込み、下棹は高音のツボがとれるように平面にしています。糸巻きも太く、胴は強打に耐える厚めの犬革で、バチを前後に打つので長方形の撥皮を貼っています。形は違っていますが、楽器の構造や扱い方は同じなので細棹でも練習は出来ます。僕は最初は細棹三味線の撥皮を津軽用に貼りかえて練習しました。
種類 太さ(目安) ジャンル 特 徴
細棹
(ほそざお) 
25.4mm
±0.6mm
長唄 阿波踊りでは小ぶりで軽いので多く利用される。音色も軽い。半月状の撥皮で胴の前部分で弾く。
中棹
(ちゅうざお
26.6mm
±0.6mm
民謡、地唄、小唄、端唄 民謡は東さわりがあり響きがいい、下棹の元が平面。地唄は琴や尺八との合奏用、小唄は撥を使わず爪弾きする。
太棹
(ふとざお)
27.8mm
±0.6mm
義太夫
義太夫節で人形浄瑠璃の伴奏用。下棹の元が鳩胸、さわり溝、背の高い大きい駒と長い撥を使う。
太棹 義太夫をベースに改良され、下棹の元まで平面で東さわりがある。糸巻きが太く胴もひと回り大きく皮も厚い。
取り扱い  
  津軽三味線特有の「叩き」の奏法は胴を太鼓のように激しく打つので、皮は他の三味線以上の強度や耐久性を持たせています。皮の接着は「寒梅粉」という餅の粉を水で溶かして貼っています。水溶性の粉なので湿気や、結露に弱いので使用後の手入れや保管は充分な注意が必要です。経年により皮が緩んで鳴りも悪くなるので定期的に張替えが必要です。しかし張替え料は高額なので破れるまで使っています(苦笑)  
  ・夏は暑い車の中には絶対に放置しないように。 
・保管は湿気の少ない涼しい場所に置いて下さい。
・胴は和紙袋に包んでケースには除湿剤を入れておけばベターです。
・僅かな時間でも毎日出して空気にふれる事が皮を長持ちさせる秘訣です。