ロッククライミング 石門1 石門2 朝立ロック 体験スクール 石門倶楽部

朝立ロック(勝浦町・中級)
朝立彦神社
徳島市飯谷町小竹から上りますが途中で車を置いて15分ほど歩いて神社に到着します。そこから南へ少し降りると岩場があります。石門の2〜3倍くらいの規模で昔から山岳会の練習ゲレンデとして利用されています。画像左下が第1、中央が第2フェース。1ピッチの長さは15〜20mはあり、ルートも数多い。ピークからは勝浦川を眼下に素晴らしい景色を望めます。
 
朝立フェースA
高さ20m弱にて50mロープが必要です。 難易度は石門Aと同レベルですが距離が長いのでスタミナが必要です。石門で基本練習をしてからが無難です。
朝立彦神社 クライムアップ Uちゃん
支点構築 クライムダウン 難所が3箇所
朝立・
上全景画中央の大きなゲレンデ、 高さは16mほどですが幅が広く、ルートは4本ほどあります。
序盤 中間地点 最後の小ハング
朝立
コース後半に中ハングがあります。 越えてからも慎重にいかないと滑落の可能性あります
小ハング下 核心部 ヌンチャクワーク 越えても慎重に

滑落の危険
 
トップロープで支点確保していても自然壁では安全とはいえません。クライマーが滑落した時にビレイヤー(確保者)がすぐに停止をかけてもロープが伸びで止まるまでは落下します。特に石門や朝立の岩場は突起の多いゴツゴツギザギザの岩質なので滑落で尖った岩に体が触れたり、足が挟まったりすると簡単に骨折や捻挫、裂傷などの怪我に至ります。

クライマーは確保をあてにして「落ちてもいいや」という安易な思いでは絶対に登らないこと。確保者は停止準備に集中して、クライマーこまめにコミュニケーションをとってサポートする事が大切です。
また上からの落石で下のビレイヤーに当たって大事故になるケースもあり、実際に上勝のゲレンデで落石による死亡事故があり以降その場所は閉鎖となりました。
ロッククライミングは少しの滑落や、小さな落石が大きな事故になるリスクの高いスポーツだけに、様々な起こりうる危険を想定してつとめて安全性の向上を絶えず考えていかねばならないと思います。