ロッククライミング 石門フェース1 石門2 朝立フェース 体験スクール 石門倶楽部

石門フェース(せきもん

左からB・A・C・中央D・右E面
 石門山(標高59m)正面全景です。樹木の茂る境界附近からのクライミングコースは5面あります。約12~15mの短いピッチで突起が多いので初級練習用フェースです。けれど岩登りのムーブや、支点確保のロープワークの学習をするには近いのでとても便利で、南向きなので冬でも暖かく過ごせます。
石門公園
 阿南市の名峰「津乃峯」の長生側登山口にある「ひょうたん池」の一帯を石門公園といいます。公園といっても案内板もトイレも駐車場もない里山の田園地帯ですが、夏目漱石の小説{坊ちゃん」のモデルになった弘中正義先生が好んで散策したゆかりのある隠れた景勝地です。そのひょうたん池の手前にある岩山が石門フェースです。

※注意:石門公園には駐車場はありません。道路は車が交わせない幅で駐車すると通行車や地元の農作業の方の迷惑になります。岩山近辺での空き地も個人所有地なので駐車禁止です。もし車で来られたら桑野川河川敷の邪魔にならない場所に置いて歩いて下さい。
 
北フェース~初心者講習~
 石門正面フェースに取り付く前に北側にある道から露出した緩やかなスラブ壁。高さ15mほどありますが、突起も多いので岩登り初心者のファーストコンタクトとして適しています。岩登りの基本「静加重・静移動・三点確保」を意識して上り、下りと懸垂下降の練習をします。

静加重・静移動
 ①手をかける、足を乗せる時はその岩が安定しているか確認しながらゆっくり体重をかける。
 ②加重後の移動は速やかに。抜き足、差し足のサイレントなイメージで!。
 ※石門岩山の岩質は硅石(チャート)で鋭利に割れやすく、剥がれ落ちそうな箇所も数ヶ所あります。

三点確保とは壁に対して両手両足で立った状態から、1点を離して3点でバランスを保って登る登山の基本技術です。ポイントとして
 ①壁に対して正面で向かい、上体を離してつま先で立つ。
 ②二等辺三角形を意識して3点の置く位置を決める。
 ③足で登ることを基本にして手はバランスや、きっかけをとる程度で負担ををかけないようにする。
 それに対して競技でのスポーツクライミングでは、三点確保に拘らずにより速く、効率よく、身体能力をフル活用して動きます。核心部で跳びついてホールドを捕るといったトリッキーなムーブで魅せる華やかさがあります。
けれど自然岩のクライミングは「絶対に落ちない岩登り」を原則にしています。いくらロープ確保をしていても滑落となれば事故となるリスクが高くなります。目的は安全な山歩きのスキルを身につけることなので、室内で練習するようなムーブはやりません。
 
クライムアップ ロープの結び方 セルフビレイ ロープ確保のクライムダウン 

フェースAリードワーク1~

シュリンゲとカラビナで支点を作りながら進む
 北フェースと同レベルの突起の多い初級スラブ壁です。 ここでは登山、沢登りの現場で活用できる木や、岩を利用してシュリンゲとカラビナで確保支点をつくりながら進むリードワークの練習が出来ます。
スタート 立ち木を支点をつける
踏んばりどころ
ピークへ 懸垂下降 石門の花「くちなし」

フェースB・~リードワーク2~

既設ルートのリードワーク
標高35m附近にあるテラスの真上がBコースです。ほぼ80度程度のAより急な壁で、ボルト、ハーケンでの既設のルートがあります。従来はヌンチャクを使うリードワークの実習をしていましたが、最近は岩盤や、プロテクションの劣化で信頼性でのリスクがある為、講習ではトップロープの確保で行っています。上の画像右側の段差の突起部はは剥がれる可能性があるので避けて下さい。特にビレイヤーは要注意です。
リードロープ 下でのビレイワーク 確保器(ATC)

Cコース~現在は使用禁止~

                                    この突起岩が危険
石門の第一関門のCコース。Bより難易度が高いルートですが、ゴール下核心部の突起岩(上画像)が落ちる可能性があるので平成26年より当会では使用禁止にしています。下の画像は24年撮影のものです。
取り付き 序盤に難あり 核心部で確認 右の突起岩を使わない
アタック 下降システムセット 懸垂下降
トップロープとリードロープのクライミング
 クライマーをロープで安全確保するシステムで、支点のとる位置で分けられます。
●トップロープはルートのピーク上で支点をとり、つるべ方式で下のビレイヤーが確保するシステム。長所は信頼度の高い支点がとれて滑落時の距離が短く安全性が高いこと。短所はセットするのには事前にゴールに上がらなければならない事。またトップ支点の真下から左右に振った位置で滑落するとクライマーは振り子のようになって岩と接触するリスクが高いのでルート取りに注意が必要。


●リードロープはマルチピッチといわれるアルパインクライミングの基本ワークで壁に設置したハーケンやボルトにヌンチャク、ロープをかけて支点確保していく方法で登る事にクリップするワークの迅速性が求められます。最近は自然へのローインパクトの考え方で岩場に打ち込まないナッツやカムなどの回収できるデバイス使用が主流になっています。短所としてトップロープに比べて支点の信頼度が低く、滑落時は最後にクリップした位置から登った高さの2倍の距離の落下となるので怪我するリスクは高くなる。

クライマーとビレイヤーは交替しながら互いに命を預け合うパートナーなので信頼関係がないとできないものです。信頼関係を築く為の第一歩は相手とのコミュニケーション。行動に移る時、止まる時、ワークを始める時、完了した時などその都度状況を伝えてビレイヤーが把握できるようにする事が大切です。
支点構築について(お願い)
各コースのピークにはボルトやチェーンで支点をつくっています。けれどそれらは日光や雨風を直に受ける位置にあるので日々劣化をしています。安易に信頼せずに残置支点は最後のロープ回収用として利用するほうが低リスクです。

この岩場での支点は昔から先輩方が構築してきたものを活用させてもらっていますが、経年劣化により今までは古くなった支点は取り替えていましたが、環境保護と自然のローインパクトを基本とするフリークライミング界の方向性に従って、そしてこの山の所有者への敬意と、阿南の隠れた名所の保護を考えて・・・ボルト、ハーケン、チェーン、ワイヤーなどの残置支点の新たな設置はしないことにしました。ここを利用される一般の山岳会や、個人の方々のご理解ご協力をお願いします。                  H26年3月 石門俱楽部 戸川満夫