ロッククライミング 石門ロック1 石門2 朝立ロック 体験スクール 石門倶楽部

~岩登りを安全に楽しむための~
ロッククライミング(岩登り)
フィールドワークが広がる岩登り
ロッククライミング(岩登り)には最低限の安全確保をして身体能力で登る「フリークライミング
登攀を補助する用具を使う「エイドクライミング」(人工登攀があります。

フリークライミングはスポーツクライミングとして東京オリンピックの追加種目になったことで広く知られるよううになりました。種目として高さ5m程度の壁を身ひとつで攀じ登る「ボルダリング」と、安全確保のロープをかけながらゴールを目指す「リード」と高い壁でタイムを競う「スピード」があります。

一方のエイドクライミングはアルパインとも呼ばれ、ロープ確保と登攀を助ける梯子などの用具を使って進むヨーロッパアルプス山系の縦走登山のスタイルです。


けれど近代は岩に打ち込むハーケンやボルトなど人工支点は岩を傷つけ、ダメージを与え自然環境を壊すとして、自然にローインパクトな残置しない「アメリカンエイド」が主流になってきました。

その考え方に倣ってここでのロッククライミングはアメリカンエイドを基本として、自然を傷つけない支点確保を主として安全に楽しむ方法で学習していきます。そこで得られた技術はアウトドアや高所作業など様々な場面で活用していきたいと思います。

     
  ロッククライミングのリスク
▲自然劣化や、地殻変動等で岩場に割れや崩れ、浮き石で落石が起きる。
▲ルート上に設置している支点(ハーケン、ボルト)などが劣化して抜けたり折れることがある。
▲岩場で滑落すれば大怪我や死亡に至るリスク。
▲下でロープ確保しているビレイヤー(確保者)が落石に当たるリスク。
▲山では蜂や毒蛇、触れるとカブれる樹木など危険な動植物に遭遇することがある。
▲小雨でも岩が濡れると滑りやすくなる。大雨の後は地盤が緩んで崩れるリスク。
▲夏の岩場は高温で熱中症になるリスク。

 
   様々なシーンでのクライミングスキル  
 
沢登り 雪山 磯歩き  ハイキング 
        
登山 高所作業  洞窟潜入 リバーレスキュー