ロッククライミング 石門ロック1 石門2 朝立ロック 体験スクール 石門倶楽部

~山歩きのスキルアップとセーフティワークを学習する~

ロッククライミング(岩登り)



フィールドワークが広がる岩登り

ロッククライミングを大別すると、岩登りのみを目的に最低限の安全確保をして、身体能力だけで登る「フリークライミング」と、登山の過程で様々な登攀の道具を積極的に用いる人工登攀「エイドクライミング」があります。

フリークライミングはスポーツクライミングとしてオリンピックの新種目に認定されたことで、認知度が上がり、誰でも手軽に体験出来る施設が急増しました。身ひとつで低い壁を攀じ登る「ボルダリング」と、安全確保のロープをかけながらゴールを目指す「リード」は日本が得意とする種目で東京オリンピックでメダルが期待されています。

一方のエイドクライミングはヨーロッパアルプス山系の登山(アルパインスタイル)が基となって、自力登攀が困難な壁面に確保支点となる用具を打ち込んだり、アブミ、梯子などの補助用具を積極的に使う登攀技術です。これに対してフリークライミングの聖地ヨセミテ渓谷のあるアメリカでは残置しない支点用具の開発で自然にローインパクトな「アメリカンエイド」が提唱されて現代では主流になってきました。

 ここでの「ロッククライミング」はアメリカンエイドを見習って(といっても初級レベルの岩登りです)安全に楽しむ確保ワークを学習訓練する練習会です。これにより岩稜の縦走や、沢登り、洞窟潜入、雪山、磯歩きなど外遊びの楽しさが拡がっていきます。
沢登り 雪山 磯歩き 洞窟