集会レクリエーション(4)


歌体操






歌体操とは童謡、演歌、歌謡曲などの曲にあわせて歌いながら行なう体操や、踊りのことです。ここではお年寄りや障害者のレクの種目として座位や、立って行う体操という視点で創作しています。


動き方には一応のかたちがありますが、そうしなければいけないというきまりはありません。構成では@全体的に体の各部を動かすリハビリ体操的なもの、A歌詞のイメージに合わせた振りで表現を楽しむもの、Bゲームソング的にスキンシップを楽しんだり、一体感を味わうものなどがあります。日頃あまり動かさない体を歌の力を借りて動かすだけでなく、詞の情景や、雰囲気を表現する動きもいれて想像力を刺激して楽しんでいます。


今まで作ってきた中で何回やっても飽きることのない名曲を紹介します。この曲はある本に紹介されていたのをヒントにして動きや構成を作り変えてみました。曲の認知度、テンポ、詞の内容がお年寄りにとって違和感なく受け入れられると思います。





『北国の春』
 
 隊形・・一重円で座位

 前奏・・・・・曲のリズムにのせて手拍子を打ちながら誘っていく・・・・・♪


1番
 T.(a)右手を下から内側にまわして右上に上げる・・・・・・・・・・・・・・・・・しらかば
   (b)左手を同様に左上にあげる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あおぞら

 U.上げた両手を左右に4回なびかせる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・みなみかぜ

 V.右手やや上向きにパーで開いてのばす。(左手はグーで曲げておく)
   これを8回手をいれかえてくり返す。
・・・・・・・・・・・こぶし咲くあの丘北国のああ北国の春

 W.右手で右の人の肩を4回、左へ4回タッチ
・・・・・・・・・季節が都会ではわからないだろうと

 X.(a)両手を前に伸ばして前屈するように舟こぎ2回
・・・・・・・・・・届いたおふくろの
   (b)右手で左胸にあて上から左手を右胸にあてて体を左右にゆする
・・・小さなつつみ

 Y.T(a)(b)を行う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あの故郷へ帰ろうかな

 Z. 両手をつないで上体を左右に4回ゆする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・帰ろうかな


2番
 T.1番と同じ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雪どけせせらぎ

 U.両手で丸太を抱える感じで円を作り小さく左右にふる。
・・・・・・・・・・・・丸木橋

 V.1番Vと同様にチョキをしておこなう
・・・・・・・カラマツの芽が吹く北国のああ北国の春

 W.1番と同じ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・好きだとお互いに言い出せないまま

 X.(a)1番と同じ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・別れてもう5年
   (b)腕を組んで思い浮かべる様子に
・・・・・・・・・・・・あの娘はどうしてる

  
Y.Z.1番と同じ・・・・・・・・・・・・・・・・・あの故郷へ帰ろうかな 帰ろうかな



間奏
 手拍子8回する・・・・・・・8呼間
 右手で左肩3回、左手で右肩3回たたく。・・・・・8呼間
 首を大きくグルリと回す。
・・・・・・・8呼間




3番
 T.1番と同じ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やまぶき朝霧

 U.両手を上に大きくマルをつくり左右へストレッチ
・・・・・・水車小屋

 V.1番と同じ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・わらべ歌聞こえる北国のああ北国の春
 
 W.1番と同じ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・兄貴も親父似で無口なふたりが

 X(a).右手親指、人さし指で猪口をもって横に2回ふる。
・・・たまには酒でも
  (b).両手で大盃持つように上体を後ろに反らして呑む
・・・呑んでるだろうか

 Y.Z.1番と同じ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・あの故郷へ帰ろうかな 帰ろうかな


後奏
 曲の最後は両手をつないで上にバンザイしてポーズ。   (構成:戸川満夫)








創作歌体操集(公開していません)
箱根八里の半次郎 人生劇場 さざんかの宿 星影のワルツ 憧れのハワイ航路
 川の流れのように お富さん お笑い草津節 青い山脈 ひとりの手 
港町十三番地 愛燦燦 たき火 大きな古時計 涙そうそう 恋は神代の昔から
銭形平次 達者でナ 明日があるさ 北酒場 好きになった人 きよしのズンドコ節