スノーシューイング スノーシューの種類 山行の準備   体験ガイド ハイクレポート

スノーシューとは
     スノーシューは遥か紀元前より狩りの道具として中央アジアで誕生したと言われています。その後北米に渡り、その土地や目的にあうように進化してきました。20世紀前半までは柳などの木枠に革の紐や布を張った細長い雫型(左画)でした。 1970年後半にアルミパイプのフレームにネオプレン地の布を張った型になり(下画)、90年代にはフランスのTSL社がプラスチックのビンデイングデッキ型を発売して西欧で普及しました。  
 
和カンジキと西洋かんじき
和カンジキ(ワカン)はタモなどの曲げやすい木にひもで靴に縛りつけるシンプルなものです。西洋カンジキ(スノーシュー)は柔らかい雪でも沈まないように浮力を上げるデッキを貼り、長距離を歩きやすくしたものです。使用目的や場所によって変わってきます。
 
木製スノーシュー 平地用ワカン  山用ワカン  アルミ製ワカン 
スノーシュー   ワカン
細長い楕円形で直進しやすい 
ビンデイングで素早くしっかり装着できる。
ヒールフリーで歩きやすいが後進しにくい。
浮力が高く、新雪のラッセルがしやすい。
斜面のトラバースでは滑りやすい
サイズが大きく嵩張り重量もワカンより重い
  小ぶりなので扱いやすく小回りがきく。
軽量でシンプル、サイズも小さく携行しやすい。
デッキがないので新雪では沈みが大きい。
踵を固定するので下りや後進にしやすい。
自作や修理が簡単で経費も安い。
アイゼンと併用出来るので急斜面でも適応可。
 
 
★フレームタイプ(U・A社) 
 
 ベルトで靴を固定 裏アイゼン     
 スノーシュー体験のレンタル用に最初に購入したのが上のフレームタイプ。アルミパイプフレームに3本のベルトで靴を装着するが緩みやすいので途中での締め直しが必要。このタイプは低価格の平原用仕様の為、当方の山歩きのコースでは2年ほどでクランポンを支える革が切れる、デッキ素材が割れるなど補修が多くなりました。レンタルでは使い方の要領がわからず負荷をかけすぎるので仕方ないです。アトラスなどのメーカー製品はビンデイングもしっかりして固定できます。 
 ★ビンデイングデッキ(TSL社) 
 
C爪と6箇所にスパイク D靴にピッタリ適合 ヒール固定ができる  
TSL社(フランス製)はスキー場でのレンタル用として普及しています。平成18年にレンタル用に追加購入しました。デッキの上にビンデイングのついた板に靴を乗せて固定します。 靴のサイズに合わせて調節できるので緩みにくいのが長所です。 またヒールを固定出来るのでゲレンデの状況に応じて切り替えて脚力の負担を軽減できます。アイゼンも爪先以外に6箇所にスパイクがあり氷結路面で有効です。ただフレームタイプと比べると靴がビンデイング板の上に乗っているので若干歩きづらい感があります。
フレーム・デッキ型(MSR社)
フレームタイプ      デッキタイプ  
     
H26年2月にMSR社の製品を購入しました。MSRは(マウンテン・セ−フテイ・リサーチ社)で1969年米国の登山家(Larry Penberthy)によって設立された登山、クライミング、山岳テント等の本格派メーカーです。最高峰グレードのライトニング(画上左)はパイプを板状のフレームにして横滑りしにくく、爪先のアイゼンに雪がからみにく工夫された最強の製品です。右のデッキタイプはリーズナブルで側部に滑り止めのアイゼンがついて横滑りを抑えた登山に適した良品です。 
 レンタル用スノーシュー
 
  当方レンタル用のスノーシューはフレームタイプとデッキタイプがあります。
▲フレーム:17足(L3、M10、S4) ▲デッキ: 8足(L1、M6、S1)
※サイズ選びの目安:体重+靴+ザックの重量、L80kg、M65kg、S45kg未満。
積雪、雪質により異なります
 スノーシューの補修
 スノーシューハイク体験は初級登山のコースで、不特定多数の人が使うので傷みも多く、2年で壊れて修理する結果となりました。特にアイゼンのあるビンデイングを支える左右のベルトが擦り減ってちぎれるものが続出しまいました。その為ホームセンターで結束用のビニールバンドを発見して補修しました。
紐で固定して接着剤で保護 結束バンド バンドの余りは切り取る 左右5本ずつで止める
 教訓として
●登山仕様でないスノーシューは、走ったり、跳んだりするハードな使い方は極力さけましょう。
●ベルトは緩みのないようしっかり締め付けてください。また休憩時には時々締め直しましょう。 
●登山での使用目的で購入されるなら、登山仕様のビンデイングは緩みにくく、横滑りの抑える板フレーム構造がいいです。値段は割高になりますが、安全で長持ちします。