スノーシューとは スノーシューの種類 準備 ハイクレポート1・2 体験ガイド



スノーシューイングの準備

服装、装備
   雪山歩きは夏の2~3倍ぐらいのボリウムのウエア装備になります。基本は薄手の重ね着にて、携行しやすいようで収縮性のよいウエアがベターです。また荷物は出来るだけ軽くしましょう。

初めての冬山はウエア準備に困ります。つい防寒を気にして多くなりがちですが、山は登りだすと汗をかく。止まると寒くて震えるといった極端なので衣服の着脱はこまめにしないと肌着が濡れてしまいます。特に冬は肌着が濡れると体が冷えて体調不良になったりするので汗をかく前に調整が必要です。詳細は「山歩き」のページを参照してください。

初級のハイキングルートなら軽登山靴でOKです。ワカンであれば革製がいいですが、軽登山用でも使用前にワックスやオイルをかけておくとほぼ大丈夫です。ちなみに僕の軽登山靴は都度のオイル&ワックスで革靴にと見間違えられます。

リュック
最低30L以上は必要です。カッパや防寒着やウエア、テルモスなど冬は荷が嵩張るので大きめのザックを。なおザックカバーもあればいいです。

カッパ
カッパは上下必携です。防寒着としても兼用できます。ゴアテックス素材などをお奨めします。

ロングスパッツ
ショートタイプでも使えますが雪の侵入を防ぐにはロングが無難です。

下着
冬期では長袖と半袖Tシャツ、下はタイツかパンストを。最近は一般衣料店でも保温性のある化繊下着があります。

中間着
これも化繊又は天然ウールが適しています。襟シャツ、薄いフリース、セーターなど。

防寒着
防風、防寒の上着。登山用カッパの他のアウターを1枚あればいい。

パンツ
化繊でストレッチ性のある山用パンツかニッカボッカ。パンツの上にカッパを履きます。
 

帽子
冬は防寒としての毛糸やフリース地のものを。

手袋
登山用はアウターとインナーで2~3重構造になっています。ない場合は予備としてフリースやウールを1組余分に準備

靴下
薄手と厚手ロングの重ね履きがいいです。枚数は自由ですが僕は薄い靴下を1~2枚の上に厚いロングの靴下を履きます。厚手は1枚余分があると濡れても安心です。
キャラバン(Caravan)スーパーライトカーボン1300103[分類:ストック・ポール]
ストック
2本必要です。雪山は地面状況が見えないのでバランスを崩して転倒する可能性が高い。また急な登り下りでの補助として必要です。

アイゼン 
 アイスバーンや斜面トラバース等状況によっては履き替えることもあるので必携。徳島では6本爪でいけます
  その他の準備品
地図、コンパス、高度計、GPS、サングラス、ヘットランプ 、 ロープ、ハーネス、カラビナ、シュリンゲ、救急薬、
 保温水筒、コッヘル、おやつ、非常食、飲み物、靴ひも、ビニール袋、シート、ガスコンロ