シャワークライミング 沢登りの危険 体験コースA  体験コースB シャワーゲレンデ


沢登りの危険
 
 2003年よりシャワクラ体験を始めました。当時はダッキーのリピーターさんや、登山をされる方が参加されることが多かったのですが、昨年より全国のアウトドア体験を仲介するウェブサイト会社さんを通じてシャワークラの認知度があがり増えてきました。けれど登山やアウトドアの活動経験のない方も増えてきたので、その裏にある危険について少し説明をさせてもらいます。
 
     

沢登りは谷に入って沢筋を登っていきます。谷は雨が降るとすぐに増水して不安定な場所にある土砂や石を動かしていきます。大雨になると鉄砲水や土石流のリスクが発生します。冬山で雪崩にあうのと同じことです。地鳴りなどの異常音を感じたらすぐに高所に避難しなければなりません。当方がシャワクラ体験を行っている場所は名勝の滝のある上流で遊歩道や作業道が沢沿いに沿っているので増水時の避難はしやすいエリアです。

体験の実施は当日の天候と以前の降水量で判断しています。当日朝からの小雨模様では沢遊びの気分は下がり、リスクは上がるのであまりお勧めできません。
下見では沢ルートでの景色や石の位置や向きなどをよく観ておく必要があります。いつもそこにある大きい石がなかったり、流木が止まっていたら危険サインです。僕も以前1mほどの大石の上に乗った際にゴロリと動いて落ちた経験があります。幸いにリュックと救命胴衣で打撲なく尻もちだけで済んだのですが危ういところでした。

シャワクラの実施基準として
現地近郊の降雨量のデータ数値を目安にしています。山の先輩が「100ミリを越える降雨があれば2週間程度は沢に入るのは控えろ」と言われていました。200ミリ以上の大雨となれば流木も流されて広範囲に不安定な石が多くなります。水が引くのに1~2週間、濁りがなくなりルートの沢床や岩が安定するのにさらに1~2週間をみています。
     
    ◎歩き方
沢登りは濡れた岩場を歩いたり登ったりする中級以上のトレッキングです。そのルートは常に変化して不安定な石や滑りやすい岩もあるので転倒や滑落のリスクが高いです。時には体重をかけたポイントが崩れたり、上流から石が流れてきたりする事もあります。流れの下の沢床は比較的安定しているので前の人の動きについていきます。大きい岩でも不用意に乗っかると動くこともあります。また手足を掛けるホールドは時にこぼれやすい突起もあるので登山の基本技術の「静加重、静移動」が大切です。
 


   
  沢に棲む危険な生きもの
①マムシ  ②ヤマカガシ ③ヤマビル ④ヒキガエル
 
   
①マムシ・・・・轟本滝上の二重の滝に向かう手前の遊歩道脇に棲息しています。高いの確率で出会えますので注意して歩いて下さい。特に夏と冬眠前に児を持つメスは昼間に明るい所で座って体を温めていることが多いので要注意。画像のように円くなって座っている時は気づかずに踏んだり、至近距離に入ったりすると驚いて跳びかかって咬みにきます。本来臆病な性質なので大抵は気が付くと逃げる場合が多いのですが、子をはらんでいると攻撃性が強くなるので決して刺激せずに遠巻きにかわしましょう。


②ヤマカガシ・・・・滝ではあまり出会ったことはないのですが、ヒキガエルがいるのでその可能性はあります。マムシと違っておとなしい性格で逃げていくことが多いのですが、触ったり踏んだりしない限りは咬まれることはありません。上顎の奥に牙があるので攻撃性は弱いのですが、毒性はマムシの3倍で県内では血清がないので要注意。ヒキガエルが主食。一般的には背中の紋様と黄色と赤の色が混じっているのですが、体色は地域によって変異が激しく全身黒や、斑紋のないのもいるので識別が難しい。


③ヤマヒル・・・・1度だけ参加者の女性の足の脛にくっついていた事がありました。彼女の履いていた鮎靴のファスナーが半開きで、足首下の短い靴下を履いていた為、隙間から侵入したようでした。予防の為にウエットの下にアンダータイツと長めの靴下を履く。また襟元や袖口はピッタリ締めるカヌー用ジャケットをオーバーに着ると完璧です。カッパの場合は袖を締めたり、首元にタオルを巻くなどの対策をすると少しは違うと思います。


ヒキガエル・・・おとなしくじっと座っているのですが、ヒキガエルは目の後ろに耳腺という毒の入った袋を持っています。通常では毒を出すことはないのですが、身の危険を感じると白い液を出します。じわっと出ることもあれば、ピュッと飛び出ることもあるので決しておどかさないように。口に入ると嘔吐下痢だけでなく重症になる場合も希にあります。


けれどこれらの生き物の居場所がこの沢や山です。そこに無断で侵入する人間はよそ者なのでむやみに触れたり脅したりしないことがマナーだと思います。