シャワークライミング 危険 体験Aコース 体験Bコース シャワーゲレンデ

爽快、刺激と滝のマイナスイオンにどっぷり癒し

シャワークライミング




シャワークライミングとは
 
登山の範疇で行う沢登りのイメージです。真夏の登山は暑いので山の沢筋をルートとして登っていく過程を指して言いますが・・・、最初は涼しくて気持ちいいのですが、高度が上がっていくと沢は細くなって最後は薮漕ぎになって尾根に出てピークを目指します。

当方のシャワークライミング(シャワクラ)は適度に水量の多い下流の沢筋をエリアとして遡行を様々に楽しむ活動で沢登と違って山頂やピークは目指しません。浅瀬をバシャバシャ歩き、淵を泳ぎ、滝のしぶきを浴びながら登攀に挑んで目的の滝を目指す沢のトレッキングです。
 

けれど沢登りは普通の登山よりリスクが高い活動です。まずは必要な装備やウエアの準備を万全にして、技術や経験、体力に応じたゲレンデやルートを選んで仲間と一緒に踏み出してみませんか。

シャワクラスタイル 
装備
ヘルメット 濡れた岩で滑って転んだり、小石が落ちてきたり、岩の隙間を抜ける時は頭が接触するので必ず着用します。登山用がベターですがカヌー、自転車用で代用可。
  救命胴衣  深い淵を泳いだり、飛び込んだりするので必携。カヌー用が動きやすく丈夫ですが市販の簡易用で可。 
  ハーネス  登山や高所作業で使う簡易ハーネスです。リスクのある箇所での登り下りにスリングやロープをつけて安全確保します。
  登山ベルト   ハーネスの代用として腰に巻く補助確保用のベルトです。シンプルで装着がラクですが急な高い岩場の確保にば不適です。
沢靴(鮎タビ) 当方では渓流釣りの鮎タビを使用しています。低コストで履くのがラク。中の親指が割れているので安定した親指での踏み込み移動が出来る。足首上までネオプレン生地なので安全です。
  運動靴   沢に入るまでの山道のアプローチと、帰りの下山道で履き替えます。

スリッパ  終了、着替えた後はスリッパかサンダルで。
リュック
ディバックの容量でウエストベルトのあるものが良い。中に食料、靴等を入れます。濡らしたくない物はビニール袋2重でしっかり密閉します。
ロープ 確保用として太さ8mmほど、長さ20m程度で水に強く、浮くタイプの化繊ロープ。
スリング 直径120cm程度の輪になっている帯ひもです。ロープを出すほでもない短いポイントでの確保で使用。
カラビナ 環つき、環なし各1個程度
下降器 エイト環又はATCです。主にロープを使っての下降に使用
  ファーストエイド    湿布や防水系のリバーテープ他。濡れないようにしっかり2重防水して下さい。
服装・ウエア 
  ウエットスーツ  保温と外傷予防の目的。レンタル用はつなぎタイプですが、個人で使うには上下別がお薦め。厚さは2〜3mm迄がお薦め。アンダーシャツ&タイツの上に着用します。 
水着か下着 アンダータイツの下に着るのでピッタリしたもの。化繊の下着でも可
アンダー
長袖シャツ
水着の上に着ます。ラッシュガードか撥水性のいい化繊のシャツ。
半袖Tシャツ   防寒用に長袖の上に化繊の半袖を重ね着します。
長タイツ ラッシュタイツか化繊地のバッチで可。水着/下着パンツの上に履きます。防寒とマムシ、ヒルの対策。
オーバーウエア 防寒用にウエットスーツの上に着用。登山用のカッパ又は厚手のウインドブレーカーでOKです。当方ではカヌー用ジャケットをレンタル使用しています。
オーバーパンツ 膝下以上ある7分丈の化繊パンツ。ウエットスーツの上に履きます。ウエット生地は岩や木などの接触で擦れて傷や破れが生じやすいので必携です。ジャージでも可。
   手袋 園芸作業用のタイトなゴム手が最適。手の甲は伸びる生地で100均やホームセンターであります。なければ軍手でも可。
指割れ靴下
親指2又は5本指の靴下。足首を覆う長さのものを。靴のフィッティングをよくして、山ヒルの侵入防止、マムシ咬傷対策として備えます。化繊地がお勧めですがなければ綿でも可。