フェルト版画

2022年元旦
   明けましておめでとうござます。
2010年は勇猛な大人の虎でしたが、今年は虎の子供を描きました。
子供対象のクライミング教室を始めて10年目になります。親にとっては子供は虎の子だとつくづく思うようになりました。
 

フェルト版画とは水をよく染み込む紙生地の版画です。この版画に出会ってもう30年にもなりますが、年に1度の版画製作なので殆ど進歩せずに至っています。普段はワープロ文書ばかりの自分ですがこの時ばかりは毛筆の宛名書きとフェルト版画での手づくり年賀にこだわっています。
そのこだわりの要因は
@やっている人が少ないから珍しい。
A水彩絵の具がかもしだす偶然の色あいがいい。
B初心者でも簡単、手軽に出来る。
C何回やっても刷り上った時の感動がある。
ところがそのやっている人が少ないことが災いして平成17年にメーカー(東京尚文堂)が生産中止となりました。あちこち探して広島の仲間よりフェルト版画の在庫のある販売店の情報を聞いてまとめて購入してひと安心しました。
同じように困っている県外のフェルト版画ファンの方よりお便りを頂き数枚ですが送りました。それがご縁で毎年年賀状をやりとりするようになりました。併せてまわりにフェルト版画仲間を増やしたいと思い講習会を続けてきましたが、版が生産していないこともあり続けてやる方もなく少なくなってきました。在庫も限られてきたので今後はあまり紹介できないかなと思っていた時に、新フェルト版画が生産販売されるようになりました。
つくり方 
初めての人でも3時間くらいで出来ます。1枚の版で色付けにて50〜70枚ほど、それを繰り返すと200枚以上は印刷出来ます。

●準備用具
・カッター:アート用の細いものが良、事務用品やDIY店にて 
・ローラー:画材店、DIY店にて ・水彩絵の具、筆、パレット 
・園芸用霧吹きスプレー
@下絵に沿って溝を切り込む A水彩絵の具をつけて、 B霧吹きして Cローラをころがして印刷
フェルト版画教室の様子
カッターで切込み 色づけ スプレー 印刷 出来上がり!