南京玉すだれ










 
平成9年に大阪にある保存会の講習会を受けに行き、基本的なことを教わりました。玉すだれも所や会派によって台詞や動作が違っているようです。
 7番まである唄は1週間ぐらいの練習で一応は出来るようになります。しかし練習のたびに糸が切れるので玉すだれは2組は必要です。糸は釣具店で買えるので補修は出来ますが、一度切れだすと次々に切れるので補修に手間がかかります。また衣装も揃えると素人芸では高額です。そこで土産店で売ってる800円のモノをまとめて買いました。子供が遊びで使うにはこれで充分です。最近はこれが100均ショップでも売っていて少しショックでした。


普通の玉すだれ 玩具屋で売っているものと比較 南京玉すだれの歌 補修用糸








        南京玉すだれの唄
                        (南京玉すだれ保存会仙助流三代目 芝辻たかし作)



     1、※アさて、アさて、アさてさてさてさて、さては南京玉すだれ
         チョイと伸ばせば、浦島太郎さんの魚釣竿にチョイと似たり
         浦島太郎さんの魚釣竿がお目に止まればおなぐさみ
              お目に止まれば、元へと返す。

     2、※アさて、アさて、さては南京玉すだれ
        チョイと返せば、瀬田の唐橋、唐金擬宝珠(からかねぎぼしゅ)
        擬宝珠ないのが、おなぐさみ
        瀬田の唐橋(せたのからはし)、お目に止まれば元へと返す。

     3、※1番と同じ
        チョイと伸ばせばおらが在所のご門でござる
        おらが在所のご門がお目に止まれば元へと返す。

     4、※2番と同じ
        東海道は五十と三次中山道は六十九次
        あまたの宿宿(しゅくじゅく)なくてはならぬは、そば屋の看板
        そば屋の看板、お目に止まれば元へと返す。

     5、※1番
        チョイと伸ばせば阿弥陀如来か釈迦牟尼(しゃかむに)
        後光に見えればおなぐさみ
        阿弥陀如来がお目に止まれば元へと返す。

     6、※2番
        チョイと返せば、日本三景は天の橋立、浮かぶ白帆にさも似たり
        浮かぶ白帆がお目に止まれば元へと返す。

     7、※1番
        チョイと返せば、日米国旗にさも似たり
        日米国旗がお目に止まれば、しだれ柳に早変わり
        しだれ柳に跳びつくカエル、カエルいないのがおなぐさみ
        アさて、アさて、アさてさてさてさて、さては南京玉すだれ。






上の1〜3番までの動かし方が基本です。それが出来ると7番までは楽に覚えられます。
この唄は基本で一通りやるのに5分とかかりません。また古い言葉も多いので自分なりに
アレンジしたり、ネタを作ったりすると面白いと思います。僕は阿波踊り娘や、携帯電話や
小便小僧、緑のおばさん等状況によって使っています。画像UPはしばらくお待ちください。